葬儀代がない場合の対応策を教えます

葬儀代がないなら潔くお金を借りる!

葬儀代はいざやろうと思うと、非常に高額で驚く人が沢山います。

 

葬式代金を安く済ませたいと思っても限界がありますし、お金がなくて、全く手が出ないと困ってしまいます!

 

 

兄弟などの親戚が多い場合は、葬式代はお金を出し合うこともできますが、自分しかいない場合は、どうにかするしかありません!

 

現在は、少子化が進み、一人っ子の家も増えています。

 

そのため、将来的に、子供が一人で責任を負う可能性が大になってきます。

 

誰にも葬儀代を頼ることが出来ないからと言って、その辺に勝手に埋めたり、放置すれば、【死体遺棄】として立派な犯罪となり逮捕されてしまうのです。

 

そのため、葬儀代はなくても、死体をそのままにしておくわけにはいかないのです!

 

近年、葬儀代を出せない人が、死体遺棄で度々にニュースになり、深刻な問題になっています。

 

死体遺棄で逮捕をされたくないのであれば、ささやかであっても自分で葬式を挙げる必要が出てきます!

 

葬儀代が出せない場合は、カードローンやキャッシングでお金を借りることが現実的な解決策になります。

 

どんなに安くても、葬儀代は20万円程度はします。

 

20万円を一気にポンと解決できるのは、やはりカードローンやキャッシングだけです。

葬儀代を何とか安くする!

お金のない場合、葬儀代を安く済ませることも大事なポイントです。

 

お通夜や告別式などを行い、盛大な式にする場合は、200万円前後かかるケースも多いです。

 

 

しかし、お金のない人にとっては、そんな大金を軽々と出せるわけがありません。

 

そして、いくらキャッシングやカードローンを利用したとしても、200万円を借りるとなると、消費者金融で借りる場合は総量規制の影響で、年収600万円以上が必要になります。

 

これは借り手としても、かなりハードルが高くなってしまいます。

 

やはり葬儀代を出せなくて困っている人は、年収600万円以下の人の方が断然多いと思います。

 

そのため、平均的な葬式代を、消費者金融などから借りるのは現実的に難しくなってきます。

 

では、年収が低い人の場合は、どうしたらいいのか?

 

その答えは、『葬式代を簡素にして安く済ませる』ことです。

 

やはり平均的な葬式を諦め、予算に応じて、少人数だけで行う『家族葬』にしたり、お通夜や告別式をなどを省いた簡単なお葬式にする方法が有力になってきます。

 

家族葬などであれば50万円前後、お通夜や告別式を省けば、20万円程度で行うことができます。

 

20万円や50万円であれば、年収が低い人でもカードローンやキャッシングで借りれる可能性が高くなります!

葬儀費用って、どのくらいかかるのか?

平均的な葬儀代は、200万円程度と言われています。

 

しかし、現在はどんどんと激安葬儀が多くなっており、個人でひっそりとお葬式を上げられるプランも増えています。

 

お通夜や告別式など、一通りのことをすれば、どうしても100万円以上になってしまいますが、それほど式にこだわりがなければ、簡易な葬式にして、葬儀代を安く済ませることも一つの手段です。

 

特に葬儀代に余裕がない人は、無理をすることはありません。

 

葬儀は人によって、色々な考えがありますが、『火葬だけすれば十分』『儀式はメンツの問題』なんて声も聞こえます。

 

やはりそれだけ、お葬式は『放置して死体遺棄で捕まらないため』に、必要最低限クリアしていれば十分ということになります。

 

予算がない人の場合は、とにかく『放置』だけは避けたいものです。

 

どんな手段を使っても、火葬だけは済ませるようにしましょう。

 

その最低限のラインは、現在は『20万円前後』のケースが多いです。

 

50万円程度あれば、小規模でもそれなりのお葬式が出せますので、まずは色々な葬儀会社をチェックしてみましょう。

 

100万円単位でお葬式を考えていた人は、通夜や告別式を省けば「こんなに安い式もあるんだ!」と驚くと思います。

 

これから葬儀代対策をするのであれば?

しかし、葬儀代でいざという時に困らないようにするためには、生前からどのような対策をしたらよいのか?

 

葬儀代対策としては、やはり『貯金』がベストです。

 

生命保険という手段もありますが、生命保険の場合は、『申請してから受け取りまでの期間が長い』という致命的なデメリットがあります!

 

通常、生命保険の支払いは1週間程度かかると言われており、それでは葬儀代として利用するには微妙になってしまいます。

 

お葬式は、死体の腐敗の進行なども考え、通常は死亡してから2、3日以内で行う事が多いです。

 

火葬場の状況や『友引』とか縁起が良くない日を避けるために多少前後することはありますが、基本的には死んでからすぐに行うものです。

 

そして、葬儀費用は大体葬儀が終わるまでに支払いをしないといけないため、受け取りに1週間もかかる生命保険は、葬儀代として利用するには向いていないのです。

 

葬儀代を工面するのが難しいのは、『死んでから2、3日でお金を用意する必要』があるからです。

 

そのため、保険金で葬儀代を用意しようと思っている人は、当日になってから手続きに思いの外時間がかかることがわかり、慌ててしまう人もいるので注意が必要です。

 

やはりすぐに利用できる貯金の方が使い勝手が良いです。

 

更新履歴