葬儀代準備に役立つ情報です

葬儀を安く済ませるためには?

葬儀代を安く済ませるためには、やはり規模を小さくすることが大事になってきます。

 

通夜や告別式を盛大にやることによって、お金がかなりかかります。

 

また、お葬式は『お布施』の額も非常に高く、30万円〜50万円前後かかることもあり、葬儀代の意外な盲点になっています。

 

しかも、お布施は料金が明記されていないため、『気持ち』という中途半端な言葉でやりとりされているため、初めて葬式を行う人にとっては、「いくら包めばいいの?」と悩んでしまいます。

 

そこで最近では、ニュースにもなった、お布施代金が予め明記されたアマゾンの『お坊さん便』の需要が出て来たというわけです。

 

これまでお布施で高額な料金を貰っていたお坊さんにとっては、料金明記で格安で派遣する【お坊さん便】は、まさにこれまでお布施ビジネスでホクホクしていた殿様商売のお坊さんにとって、邪魔な存在になるわけです。

 

しかし、世間一般では、これまで高額なお布施に悩まされていた人は少なくないので、『足元を見た商売』として、高額なお布施を要求するお坊さんを避けたいと思う人も多いです。

 

それだけに、葬儀代におけるお布施の金額は非常に大きく、バカに出来ないものになっています。

 

お葬式だけでも高いのに、それ以外にもお坊さんに高額なお布施を出すとなると、それこそ葬儀代は100万円くらいでは足りなくなってしまいます。

 

そのため、葬儀代を安くするだけではなく、お布施代金も安く済ませることがポイントになります。

 

小規模のお葬式が人気傾向

そして近年は、核家族が多くなってきたこともあり、大規模なお葬式よりも、小規模のお葬式が人気になってきました。

 

そのため、小規模プランで格安のお葬式が増えてきて、葬儀代の負担は、以前に比べて、かなり楽になっています。

 

これからも葬式代は、格安傾向になると言われており、小規模な葬式を希望している人には、選びやすい環境が整っています。

 

そのため、小さなお葬式にすれば、費用もかなり安く済みますので、以前よりも葬儀代事情は良くなっていると言えます。

 

ただし、葬式の規模については、生前の故人によっては、『家族葬』や『直葬』では、済まされないという場合もあります。

 

やはり社会的に有名な人ですと、生前のお付き合いをしていた人が多数訪れることもありますので、遺族が『直葬』を望んでいても、なかなか周りの雰囲気がそうした状況を許してくれないこともあります。

 

また、遺族の考えにもよって、『直葬では寂し過ぎる』とか『貧相な葬式で貧しいと思われたくない』など、メンツを気にして安い葬式を選べない人もいます。

 

お金がないのであれば、本来は予算に応じて、葬式を決めるべきだと思いますが、やはり葬式をひっそりとすることに、あまり良くない印象を持っている人もいます。

 

個人を盛大に送り出すことが礼儀だと考えている人もいますので、一人の考えだけで、決められない場合もありますので、実際には複雑だったりします。

 

身内が他にいない場合は、個人の独断と偏見で決めても問題がありませんが、身内が多い場合は、周りの意見もありますので難しいです。

 

葬儀代がない人のための情報記事一覧

葬儀代をもっと安く済ませる方法は、『直葬(火葬)』です。その名の通り、お通夜や告別式などを一切省き、火葬をメインにしたシンプルな葬式タイプです。最低限の火葬だけを行うことによって、費用を省いているため、「お金がなくて死体放置で逮捕されたくない!」と思っている人には、まさにぴったりなプランなのです。特に故人が生前にあんまり友人関係がなく、親戚もほとんどいない場合は、お通夜や告別式まで行うのは勿体ない...

生活保護を受給している人にとっておススメなのが『福祉葬』です。生活保護葬とも言われて、生活保護の受給者だけが、火葬費用の補助を自治体から受けることが出来るのです。火葬費用の補助を受けることによって、生活保護でもお葬式を出すことができるのです。一般の人には、利用できないシステムですが、生活保護の方には、一番安く済ませることができる方法なので、利用しない手はありません。しかし、福祉葬の一番のデメリット...

葬式は一般葬ほど豪華でなくても良いけど、火葬だけでは寂し過ぎると思っている人が結構多いものです。そういう人に、今人気があるのが『1日葬』です。小さなお葬式の代名詞として、近年は多くのプランが登場しています。お通夜はせずに、極一部の親しい人たちだけで、告別式と火葬だけをするスタイルです。故人に友人や親族が少ない場合などは、1日葬でも十分です。しかし、お葬式は、『宗教の問題』や『価値観』から、お葬式の...

豪華な一般葬は要らないけど、人並みのお葬式がしたいという言う人に人気なのが『家族葬』です。一般葬と同じく、通夜や告別式は行いますが、『家族だけ』で小規模に行うのが特徴です。芸能人でも、大々的にお葬式をする人もいれば、家族葬で、近親者だけでひっそり行う人で分かれます。1日葬のように、通夜がないお葬式でも良い人と、やはりお通夜がないとダメという人もいますので、そういう人は、『家族葬』をしたほうがおスス...

ノンバンクのキャッシングは、総量規制という年収の3分の1しか借り入れが出来ないように、法律で決まっているため、自分の年収によって借入額の限界が違います。そのため、年収が低い人は、少額しか利用枠がもらえないので、葬儀代を借り入れることも難しいケースはあります。ただし、最低限のお葬式代となる火葬は、20万円程度であり、その金額をノンバンクのキャッシングで借りるとなれば、年収60万円以上あれば可能になり...

100万円〜200万円の一般葬を考えている人がお金を借りる場合、金利は安い方が絶対にお得です!金利の安さを考えた時には、カードローンが非常におススメです。また、銀行が発行しているカードローンは総量規制の対象外のため、柔軟な利用枠を設定してくれるのも魅力です。ただし、銀行系のカードローンの最大の難点は、『年収300万円以上』でないと、審査が厳しい事。年収が300万円を超えていれば、銀行のカードローン...

どうしてもお金が足りない時の金策に使えるのがブランド品や貴金属の買取りです。葬式代を出せるくらいの費用となると、ブランド品でも、かなりの金額を叩きだす必要が出てきます。一番安い葬式代で、20万円程度かかりますので、ブランド品や貴金属の買取りだけでそれだけの費用を出すのはかなり難しくなってきます。それこそ、ブランド品の中でも、高級なシャネルやエルメスのバッグレベル出ないと、葬式代を稼ぐことは難しくな...