1日葬は○○○がないお葬式です

通夜を行わない告別式だけ行う

葬式は一般葬ほど豪華でなくても良いけど、火葬だけでは寂し過ぎると思っている人が結構多いものです。

 

そういう人に、今人気があるのが『1日葬』です。

 

小さなお葬式の代名詞として、近年は多くのプランが登場しています。

 

お通夜はせずに、極一部の親しい人たちだけで、告別式と火葬だけをするスタイルです。

 

故人に友人や親族が少ない場合などは、1日葬でも十分です。

 

しかし、お葬式は、『宗教の問題』や『価値観』から、お葬式の形式にこだわる人もいます。

 

どんなに参列者が少ないとしても、お通夜も告別式もちゃんとやりたいという人もいれば、家族だけでひっそりと送りたいと言う人もいます。

 

やはり葬式代を出す遺族の考えが大きく影響しますが、親族が多い場合などは、お葬式の出し方を巡って、いざこざが起きる場合もあります。

 

信心深い人の場合は、火葬だけなんて許せないと言う人もいます。

 

しかし、実利重視の人にとっては、火葬で十分と思う人もいますので、親族が多い場合は、やはりお葬式をめぐるトラブルが絶えません。

 

お金を出す本人の希望によって、結局は決まることが多いですが、考え方によっては、やはりお葬式は『破産してまでやるものではない』という部分と死体放置しない程度の『最低限の弔い』が必要とされます。

 

そりゃあ、お金があれば、いくらでも葬式代を出してあげたいとは思いますが、生きている人間は、葬式が終わった後も生活がありますので、やはり自分の出せる金額内で行うのが理想だと思います。

 

 

30万円前後

1日葬は、平均的に30万円前後になることが多いです。

 

30万円程度であれば、低収入の人でもキャッシングやカードローンを利用すれば、何とかまだ用意が出来る範囲なので、お葬式を出せないことはありません。

 

 

また、火葬は安くて良いけど、あまりにも儀式がさっぱりしてしまい、抵抗があると言う人も、1日葬だったら告別式がありますので、しっかりとお別れの時間があるので、余裕のあるプランになっています。

 

火葬になってしまうと、故人との思い出に浸る時間も少なく、あっという間にお別れになってしまうことから、「時間が短い!」と不満を持つ人もいます。

 

そういう人は、やはり1日葬を選択して、故人としっかり心のけじめをつけてから、納得してお別れをする方が合っている可能性があります。

 

料金は火葬に比べて、10万円程度高くなることが多いですが、故人との本当に最後の別れになりますので、少しでも長くお別れの時間に浸りたいと思う人は、1日葬をおススメします。

 

高いお金は出せないけど、少しはゆっくり故人と過ごしたいと思っている人は、火葬をやると、呆気なさを感じてしまい、心残りになってしまうこともあります。

 

お葬式というのは、人によっては『故人との未練を残さないために行われるお別れの儀式』とも言えます。

 

そういう意味では、火葬だけしか行わない『直葬』は、心の準備がままならない状態で別れを告げることになってしまい、未練が残ってしまう可能性がありますので、意見が分かれるところだと思います。

関連ページ

直葬
直葬って何?
福祉葬(生活保護葬)
福祉葬なんて初耳!
家族葬
家族葬はどのくらい?
キャッシングで工面
葬儀代はキャッシングで賄う!
カードローンで工面
葬儀代はカードローンで準備しよう!
買取で工面
葬儀代はブランド品買取で用意しよう!