今人気の家族葬をピックアップします

通夜・告別式を家族だけで行う

豪華な一般葬は要らないけど、人並みのお葬式がしたいという言う人に人気なのが『家族葬』です。

 

一般葬と同じく、通夜や告別式は行いますが、『家族だけ』で小規模に行うのが特徴です。

 

芸能人でも、大々的にお葬式をする人もいれば、家族葬で、近親者だけでひっそり行う人で分かれます。

 

1日葬のように、通夜がないお葬式でも良い人と、やはりお通夜がないとダメという人もいますので、そういう人は、『家族葬』をしたほうがおススメです。

 

家族葬の方が、近親者とだけで故人を送ることができますので、それほど気を遣わないで済むという利点があります。

 

しっかりしたお葬式を、小規模にすることによって、コストダウンしたのが家族葬ですので、いわゆる標準的なお葬式らしいお葬式が出来るので、根強い人気がありますね。

 

親戚が多い場合は、火葬や1日葬よりも、家族葬をしたほうがおススメです。

 

逆に親一人子一人で親戚や友人もあんまりいない場合は、親が亡くなって家族葬を行ってしまうと豪華すぎてしまいます。

 

やはりお葬式に来られる予想の人数を計算して、どの程度のお葬式にしたほうが良いのか変わってきます。

 

親族が少ない人が、家族葬をしても割高に感じてしまいます。

 

生前の故人の交友範囲や親戚の数の多さが、やはりお葬式を決める時には、大きな判断材料になりますね。

 

家族の数がそこそこそろっており、一般的なお葬式を希望している人には、家族葬は一番理想的な形になります。

40万円前後

家族葬は、一般的に40万円前後かかると言われています。

 

出せない金額ではありませんが、直葬に比べてしまうと、費用が約2倍に膨れ上がりますので、お金がない人にとっては、家族葬のハードルは高いと言えます。

 

ただし、家族葬を行う場合は、それだけ通夜や告別式に参加する家族の人数が多いケースが多いですので、どうしてもお金がないけど家族葬にしたい場合は親族でお金を出し合うことも可能。

 

直葬を選ぶ人は、基本的にはお金がない人が多いですが、それ以外にも『親族が少ない』などの理由もあります。

 

親族が少ないということは、それだけお葬式代を出してもらえる可能性が低く、一人で全額葬式代を出す可能性の方が高いので、直葬になるケースもあります。

 

家族葬は、そういう意味では、お葬式代を頼れる身内が含まれている可能性が高いので、どうしても家族葬が良いけど、お金がちょっと足りないと言う場合は、親族に一度お葬式代のカンパをお願いしてみることもおススメです。

 

特に兄弟や姉妹がいる場合は、半々でお金を出し合うこともありますので、お葬式代で困ってしまった時には、一番の相談相手になる可能性があります。

 

ただし、兄弟や姉妹もお金がなくて、身内にお葬式代を頼れない場合は、やはり最終的にはキャッシングやカードローンを利用したリするのも一つの手段です。

 

家族葬にこだわっている人で喪主になりやすい長子は、生前から少しずつ貯金を貯めて葬式代対策をしておくことも大事です。

関連ページ

直葬
直葬って何?
福祉葬(生活保護葬)
福祉葬なんて初耳!
1日葬
1日葬と一般葬の違いは?
キャッシングで工面
葬儀代はキャッシングで賄う!
カードローンで工面
葬儀代はカードローンで準備しよう!
買取で工面
葬儀代はブランド品買取で用意しよう!