非正規におススメな葬儀代の工面方法です

アルバイトでも借りれる消費者金融の敷居の低さ

ノンバンクのキャッシングは、総量規制という年収の3分の1しか借り入れが出来ないように、法律で決まっているため、自分の年収によって借入額の限界が違います。

 

そのため、年収が低い人は、少額しか利用枠がもらえないので、葬儀代を借り入れることも難しいケースはあります。

 

ただし、最低限のお葬式代となる火葬は、20万円程度であり、その金額をノンバンクのキャッシングで借りるとなれば、年収60万円以上あれば可能になりますので、十分消費者金融で借り入れができる可能性があります。

 

ノンバンクは、銀行系のカードローンの厳しい審査に落ちてしまった人たちの皿の役目もあります。

 

そのため、銀行系のカードローンのように、年収300万円以上など、目安となる申し込みの基準の収入も特にないので、低収入のアルバイトや非正規社員にも幅広く門戸が開かれています。

 

金利は銀行に比べて、ノンバンクの方が、やはり高いですが、審査の通りやすさという意味では、ノンバンクの方が易しいのでおすすめです。

 

年収にあんまり自信がない人は、最初から銀行系のカードローンを諦めて、ノンバンクのキャッシング一本に絞って、新規を応募した方がおススメです。

 

カードローンやキャッシングへの新規の申し込みは、短時間に何度も行うと、信用情報の照会情報にそれぞれの貸金業者がチェックしたことが残ってしまうため、『多重申込者=切羽詰っている』と判断されて、敬遠される可能性が出てきますので、極力最初の申し込みで可決したいものです。

 

50万円以上は年収証明が必要!

ただし、キャッシングの場合、50万円以上の借り入れをする場合、『年収証明書』が必要になってきます。

 

銀行系のカードローンは、100万円程度まで年収証明書が不要なケースを考えると、キャッシングの方が、やはり大きな借り入れをしようとすると、色々な面倒が出てきます。

 

特にノンバンクの総量規制の対象となるキャッシングは、1社で50万円以上、複数で100万円以上を借りると、必ず年収証明書の提出が求められます。

 

年収証明書を提出しないでキャッシングをしたい人は、1社で50万円以内に抑える必要があります。

 

そのくらいの金額になると、やはり一般葬に必要な金額をキャッシングだけで用意するのは難しくなってきます。

 

50万円以内で上げられる葬式は、家族葬や1日葬や直葬に絞られてきますので、その中から選ぶようにすると良いでしょう。

 

また、貯金が100万円程度あれば、足りない部分をキャッシングで補えば、費用の安い一般葬も出来る可能性があります。

 

どっちにしても、年収証明書を提出したくない人は、高額な借り入れは出来ませんので、葬式の規模を小さくすることをおススメします。

 

一方、年収証明を提出しても良いと言う場合は、年収300万円以上の人だったら、100万円の借り入れもできますので、一般葬にも手が届く可能性があります。

 

しかし、葬式代だけにすべてをかけても、その後の返済が大変になってしまいますので、やはり借り入れは自分が返済できるだけの無理のない範囲で決めるべきです。

 

関連ページ

直葬
直葬って何?
福祉葬(生活保護葬)
福祉葬なんて初耳!
1日葬
1日葬と一般葬の違いは?
家族葬
家族葬はどのくらい?
カードローンで工面
葬儀代はカードローンで準備しよう!
買取で工面
葬儀代はブランド品買取で用意しよう!