年収○○○万円以上に向く葬儀代の準備です

年収300万円を超えている人におススメ!

100万円〜200万円の一般葬を考えている人がお金を借りる場合、金利は安い方が絶対にお得です!

 

金利の安さを考えた時には、カードローンが非常におススメです。

 

また、銀行が発行しているカードローンは総量規制の対象外のため、柔軟な利用枠を設定してくれるのも魅力です。

 

 

ただし、銀行系のカードローンの最大の難点は、『年収300万円以上』でないと、審査が厳しい事。

 

年収が300万円を超えていれば、銀行のカードローンは審査に受かることも十分可能ですが、金利が安く銀行というしっかりした組織から借りるためには、『ある程度の年収』が求められてしまいます。

 

多くの銀行では、カードローンの審査について小さな文字で『年収300万円程度のお客様』と追記していることもあります。

 

そういう意味では銀行のカードローンは、低収入の人に厳しい借り入れ条件です。

 

そういう人は、銀行系のカードローンではなく、年収を問わないノンバンクのキャッシングの方が、審査には通りやすくなります。

 

大金を借りたいと思っている人は、金利の安い銀行系のカードローンの方が、理想ではありますが、現実的には、低年収では銀行系のカードローンの審査を通ることが出来ないので、金利の高いノンバンクのキャッシング系へ流れてしまうこともあります。

 

やはりそれだけ、銀行系のカードローンは、ハードルが高いので、年収に自信がある人でないと、なかなか葬式代で100万円や200万円を用意するのは、難しくなってきます。

 

総量規制対象外で与信枠に柔軟性がある

ただ、銀行系のカードローンは、総量規制に捕らわれない柔軟な与信枠がやはり魅力!

 

ノンバンクでは、厳しく年収の3分の1と決められているので、それ以上を希望している人は、銀行系のカードローンに賭けてみるのもおススメです。

 

 

また、ノンバンクは、1社で50万円以上の利用をする場合は、年収証明書が必要になってきますが、銀行系のカードローンは、100万円や200万円程度まで、年収証明を不要としているケースが多いので、審査の時に書類を用意しないで済む便利さもあります。

 

年収証明書は、会社の人事部に相談をすれば、すぐに用意をしてくれますが、年収証明書の発行を依頼する人は少なく、使用用途も限られてしまうので、やはり勘の良い人事のスタッフによっては、「借金かな」と薄っすら気付かれてしまう可能性もあります。

 

そのため、年収証明書は出来るだけ提出しないで済む方が、やはり借り入れをする側にとっては、嬉しい物です。

 

年収が300万円以上超えている人は、銀行系のカードローンの方が、断然おススメです。

 

ただし、銀行はどこも審査が厳しい事で有名ですので、過去に滞納などの金融事故を起こしている人は、どんなに今の年収が高くても、落ちる可能性があるので注意です。

 

信用情報に滞納などの悪い情報がある人は、お金の借り入れはかなり不利な状況になりますので、カードローンやキャッシングは頼れない可能性が高くなります。

 

特に近年は、携帯代金の過去の滞納で審査に落ちる人も多いので、過去の支払いが綺麗な人でないと審査は安心できません。

 

関連ページ

直葬
直葬って何?
福祉葬(生活保護葬)
福祉葬なんて初耳!
1日葬
1日葬と一般葬の違いは?
家族葬
家族葬はどのくらい?
キャッシングで工面
葬儀代はキャッシングで賄う!
買取で工面
葬儀代はブランド品買取で用意しよう!