あとちょっと葬儀代がない時に使える手段です

ブランド品や貴金属を売ろう!

どうしてもお金が足りない時の金策に使えるのがブランド品や貴金属の買取りです。

 

葬式代を出せるくらいの費用となると、ブランド品でも、かなりの金額を叩きだす必要が出てきます。

 

 

一番安い葬式代で、20万円程度かかりますので、ブランド品や貴金属の買取りだけでそれだけの費用を出すのはかなり難しくなってきます。

 

それこそ、ブランド品の中でも、高級なシャネルやエルメスのバッグレベル出ないと、葬式代を稼ぐことは難しくなります。

 

ブランド品の買取りの場合、グッチやミュウミュウは、知名度がありますが、エルメスやシャネルに比べて、人気が低く、そもそもの価格自体が、高級ブランド品の中では安いので、買い取り価格では、そこまで高額が期待できないケースが多いです。

 

よほど人気で、新品状態でなければ、グッチやミュウミュウなどは、買取での値下がりが非常に大きいので、バッグ一点くらいでは葬式代を出せるほどの買取り金額にはなりません。

 

やはり元の値が高く、人気もあるエルメスなどは、買い取り価格が非常に高価なので1点だけでもそれなりの金額になります。

 

ブランド品の買取りは、ブランドによって、買い取り価格に違いが出てきますので、葬式代をブランド品の買取りだけで工面しようと思う場合は、数点用意できないと、お金を用意することが出来ない可能性がありますので注意です。

 

また、貴金属も買取金額が安定しているダイヤモンドや金などはある程度の値が付きますが、宝石も物によっては、あまり高価になりません。

 

「あとちょっと足りない」時に有効!

そのため、ブランド品や貴金属で資金を用意する場合、『あとちょっとお金が足りない』という人にピッタリです!

 

丸々葬式代を準備しようと思うと、ブランド品や貴金属の買取りだけでは、お金が目標の金額に届かない可能性がありますので、難しいです。

 

 

 

葬式代は、葬式が終わる前に支払いをしないといけませんので、ブランド品や貴金属を売っても、目標の金額に届かないと、支払いが出来なくて困ることになってしまいます。

 

確実に目標の葬式代を出すとなると、やはりブランド品や貴金属は、相当な数を持っていないと、現実的には難しくなってきます。

 

ブランド品や貴金属を沢山持っている人は、葬式代を十分に出せる買取金額を出せる可能性がありますが、そうでない場合は、バッグ一点や指輪一点だけで、何十万円も鑑定額がでることはないので、現実的には難しいです。

 

やはり「あと5万円足りない!」とかちょっと不足分が生じた時に、ブランド品や貴金属の買取りは有効になるので、葬式代を全部稼ごうと思っている人は要注意です。

 

考えているよりも、安い価格で買い取られる可能性もありますので、思うような価格にならないことを覚悟しておきましょう。

 

特にブランド品は、時間が経てば経つほど、価格が落ちやすく、お手入れ不足の商品も価格が上がりにくいです。

 

できれば新品に近い保存状況で、尚且つ時間が経っていないブランド品が、最も高価になりやすいので、お金の工面という意味では、一番の戦力になります。

 

 

関連ページ

直葬
直葬って何?
福祉葬(生活保護葬)
福祉葬なんて初耳!
1日葬
1日葬と一般葬の違いは?
家族葬
家族葬はどのくらい?
キャッシングで工面
葬儀代はキャッシングで賄う!
カードローンで工面
葬儀代はカードローンで準備しよう!